メルベルカラコンに惹かれたのはそのナチュラルさです。

でもハーフ系なのにナチュラルさっておかしって思いませんか。だってそういうデザインという時点で自然ではないと思うかもしれません。
ところが不思議なもので、今までみてきた露骨なハーフ系とは違うなって思うんです。どう違うかは言葉では難しいですが、画像を見るとよく分かります。

フチがまずそうですね。くっきりしたフチをそれはそれで目が目立つのでインパクトはあるでしょうけど、どうしてもきつく感じてしまうこともあるでしょう。ですのでメルベルのようにフチがほんわりしてる感じのほうがまず好みなんです。まあ人によって好みは違うでしょうけどね。

次にレンズの大きさです。これも大きければいいってものではないですよね。韓国カラコンに代表されるようなサイズとうのはdiaが14.8mm以上とかも普通にあります。確かに向こうのでも小さいのはありますが、それってどうなんでしょうね。似合うならいいですけど、日本人が果たしてそこまで大きいのが似合うかどうかと考えるとこれは非常にきわどいところではないでしょうか。

メルベルの場合はナチュラル系によくある14.0ですから、少しくだけ黒目を大きくする、そしてデザインはハーフ系ではありますが、きつすぎないから適度に盛れると考えることもできるのではないでしょうか。
他のカラコンを悪く書くのはどうかと思うのでそれは控えておきます。