度ありカラコンは眼鏡より疲れない気がする

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


ロデオカラコンなら、度ありもあるし、度数の幅も広いので、視力が悪くても大丈夫ですね。ただいつも自分の目、視力にあったレンズをつけていたいと思います。

カラコン特有のことですよね「度あり(度つき)」というのは。
だって、コンタクトレンズって眼鏡の代わり、視力を矯正するレンズというのが私の考えでした。
でもカラコンの場合は違いますよね。
目が良くても、黒目を大きくしたり色を変えたりという楽しみ方ができるのもカラコンのいいところ。

<ul>
<li>目が良い人は「度なし」</li>
<li>目が悪くて矯正が必要な人は「度あり」</li>
</ul>

というのが基本ですよね。まあ例外はあるかと思いますが。
ではどんなカラコンでも「度あり」があるかというとそうではないんです。
「度なし」しか売ってないのもあります。
目が悪い場合で「度あり」が欲しい場合は、そういうカラコンは選択肢から外れてしまいますよね。
ロデオカラコンはもちろん「度あり」もありますよ。

カラコンのレンズスペックに「PWR」と書いてるのがあればそれは度数のことです。
この辺りは目が良い人には関係ないでしょうし、知らないかもしれませんが、視力が悪くなってきて眼鏡をかけたり、コンタクトをするようになると、度数というのが出てきます。
視力などにあわせてこの度数を選ぶわけです。
でも、視力が分かっても、カラコンの度数は分かりません。眼科に行くしかありません。
そして、この度数も、どのカラコンも同じではないんですね。
ロデオカラコンの場合は「-0.50~-10.00」です。
恐らくこれ以上度数の幅があるのはないかなと思います。
でも狭いのはたくさんあります。「-6.00」までとかですね。
そうなると、自分に合う度数がなければ、対応できないかと思いますが、ロデオの場合は、ここまで広いので、かなり目が悪くても大丈夫そうですね。
<h3>度ありカラコンをつけるときの注意点</h3>
ロデオなどの度ありカラコンをつけるときの注意点を1つ書いておきます。
他にもあるかもしれませんが、特に私が気にかけてること。
それは視力の変化です。
ロデオのように1年使用のカラコンの場合、ついつい眼科に行くのが面倒なので、その使用期間中に、1度も眼科に行かないという人もいるかもしれません。
一つ言えるのは、自分の目に合った度数のカラコンをつけるべきってことです。
そのためには、まずカラコンを買う前に、眼科に行くことは基本ですが、1年使用の間に、3ヶ月に1度程度は眼科で受診するべきだということです。
目の状態を知るためにもですし、視力が変わってないかも知ったほうがいいですものね。
もし、最初に買った時から視力が低下してて、今つけてるカラコンの度数と合わなくなってたらどうするか。
勿体ない気持ちもありますが、私なら、自分の度数にあったのに買い換えます。
大切な目のことを考えて、常に度数の合ったカラコンをつけていたいと思います。